家の記憶
一覧へ

Caja blanca

Update: 24.02.15
24.01.09
DSC_8327

今年1棟目の着工となる物件、Caja blanca

 

エイトワークスでは施主様へのご提案とイメージの具体化をするためのツールとして模型を作成しています。

 

 

完成イメージの外観が白いこともあり、まさにCG通りの出来栄え。

 

室内も可能な限り立体的に作成しています。

 

図面やイメージパースではわからない部分も見えてくるのが模型のメリット。

その精度と完成度も、数を重ねるごとに高まっています。

24.01.11
DSC_7643

今シーズンは日本列島が暖冬になると予報されていますが、今のところ予報通り少なめの降雪量で推移しています。

 

施工管理の立場としてはありがたい限り。本日杭工事のCaja blancaですが、雪の影響も少なく無事に杭打設ができました。

 

 

杭の本数は35本。滞りなく一日で完了しそうです。

24.01.22
DSC_7749

冬季間の基礎工事は、積雪や凍害対策として養生テントをかけて作業します。

 

このテントが一般的になってから、北海道でも基礎の性能に影響なく冬季間の基礎工事が進められる様になりました。

 

 

テントの中では型枠の組み立て中。組み立て終わったら、単管を使ってガチガチに補強していきます。

24.02.15
DSC_8214

大工工事が始まりました。

 

今日は大工三日目。上棟日です。

 

 

屋根を支える母屋をかけるため、小屋梁の上を歩く大工さんたち。

 

 

母屋が全て架かって上棟となりました。ちなみにオレンジのシートは気密の先張りシートです。

 

 

図面を元に棟梁と納まりの確認。設計の意図を共有してもらいます。