家の記憶
一覧へ

House K(仮)

Update: 22.06.10
21.12.17
DSC_3322

札幌市南区石山にて着工しました、House K(仮)。

 

久しぶりに冬期の基礎工事です。冬の基礎現場は採暖用の養生テントをかけての工事。

天候の影響を受けないという面で、管理のしやすい季節です。

 

 

テントの中は外観以上に天井が高く感じ、広々としています。

 

House K(仮)の基礎工事は年またぎの工程。たまに雪下ろしをしながら、工事を進めていきます。

22.02.04
写真 2022-02-03 12 20 41

基礎の仕上げに向けて、埋め戻し作業中です。

 

 

記録的な大雪に見舞われた札幌ですが、

現場の方には大きな影響なく進捗しています。

22.02.07
写真-2022-02-07-12-12-28-2

まもなく始まる大工工事を目前に、記録的な大雪・・・

 

この日は、足場の設置も予定していたのですが、前日の大雪によりスケジュールが未定との話もありましたが、現場に行ってみると予定通り設置真っ最中でした。

予定通り進行しているし、天気は良いしで、気持ちが良い!

 

しかも、南の方は思った以上に積雪量が少なく、一安心。

札幌市内でもだいぶ、状況が違いますね。

 

明日から大工工事に合わせて、現場には木材の搬入があり、敷地内に材料を配置するため、

この日は敷地内の雪を移動式融雪槽にて、ガンガン溶かしていきます。

雪も柔らかめだったので、約2時間半ほどで、作業は終了です。

 

準備万端で、明日からは大工さんが入ります。

 

 

 

 

22.02.12
DSC_4039

南区石山で工事が進んでいるHouse K(仮)

 

いよいよ大工さんの建て方作業に入りました。

 

タイミング的に町内会のパートナーシップ排雪とぶつからないか懸念していましたが、杞憂に終わって一安心です。

 

 

ここ最近大雪に悩まされている北海道ですが、建て方作業は快晴の中で行うことができました。

 

22.03.05
DSC_4421_edited

サッシの取付が完了しました。

 

リビングの土間スペースは吹き抜けになっており、大きな窓で開放的なプランになっています。

 

 

エイトワークスの標準仕様、木製玄関ドアも付きました。

 

 

3月に入っても休ませてくれない降雪量ですが、これで家の中に雪が入り込むこともなくなりました。

22.03.15
DSC_4703_edited

1階の床下が完全に乾き、掃除も完了したので合板を敷いていきます。

 

フローリングの下地となる床合板の厚みは24mm。構造的な強度も高く、床鳴りなども起きにくい「ネダレス工法」です。

 

 

床合板を敷くと内部の作業性が格段に上がります。何よりも現場内の移動のときの安心感が違います。

22.03.31
DSC_5251

玄関ポーチまわりの壁と天井にウェスタンレッドシダーが張られました。

 

外壁全体は単色の塗り壁になるので、良いアクセントになりそうです。

 

 

玄関の横には物置が設けられています。

こちらの入り口のドアもウェスタンレッドシダーを使用するので、閉じると壁一面がレッドシダーになります。

22.04.05
DSC_5085

現場に納品された、ルーフスペーサーなる箱。

 

屋根の断熱の裏側を通気するための部材です。

 

 

中身はこんな卵パックの様な造りになっています。

 

 

この様に屋根の断熱材を充填する前に施工しておくことで、通気を確保することができます。

 

断熱材を入れると見えなくなってしまいますが、家の性能を長持ちさせるための隠れたいぶし銀商品です。

22.04.14
DSC_5731_edited

ダイニングの勾配天井の断熱と、外壁の断熱が完了しました。

 

少しずつ暖かい日が増えてきた札幌ですが、現場の中はまだひんやりとしているため休憩中はストーブを焚くこともあります。

 

断熱が進むと暖房の熱も逃げにくくなるので、大工さんの休憩も快適になります。

 

1階の床材はナラの無垢フローリング。

フローリングを敷く数日前にこの様に開梱しておき、現場の湿度に慣らしておきます。

22.05.08
DSC_6429_edited

仕事熱心すぎてあまり休みを取りたがらない棟梁も、ゴールデンウィークはしっかりと休んでくれています。

 

人の出入りがなくひっそりとしていますが、それもまた趣がある現場内。

 

 

リビングの吹き抜けの足場がなくなり、開放感が感じられるようになりました。

吹き抜けがあると、明るさだけでなく、二階にいる家族とのコミュニケーションが取りやすいというメリットがあります。

 

 

広々としたダイニングキッチンのエリア。キッチンを収めるのは、大工工事の終盤なのでもう少し先です。

 

 

二階は石膏ボードが張り終わり、全ての部屋が間仕切られました。

 

大工工程は後半へ折り返しました。連休で英気を養って戻ってくるであろう棟梁に、後半戦も力を発揮してもらいます。

 

22.05.14
DSC_6612

鉄骨階段のささらが取り付けられました。

 

 

明日はここに階段の踏み板を取り付けし、階段が完成します。

22.06.10
DSC_7249_edited

大工工事の終盤戦。木工事造作がほぼ完了しています。

 

リビングの窓横にアクセントで張られた突板はタモをチョイスしています。

 

 

リビング横の階段下は、お一人様用の書斎スペースを設けています。

 

 

リビングから玄関方向を見ると、吹抜けによって縦方向の広がりも感じることができます。

 

 

大工工事もあと少し。来週は塗装工事が始まります。