THE EIGHT WORKS
家の記憶
一覧へ

連棟の家1

Update: 19.04.27

北広島市稲穂東、全4区画の分譲地内で連棟となる家の角地にあたる住宅で、敷地の隅切り部分を有効利用するため、建物の一部も斜め壁を採用しています。

 

広々とした土間や庭とつながるテラスはつながりと心地よい開放感を与えてくれます。

 

 

19.03.12
DSC03857

北広島市稲穂東で、新築建売住宅が着工しました。

 

「連棟の家」の名の通り、複数の物件が建ちます。合計4棟の内、まずは2棟が着工しますが、こちらは角地の写真です。

 

今日は杭工事が行われました。早めに除雪を済ませていたため、雪解けが進みすっかり土も出ています。

杭工事

土の中を覗くと、施工が完了した杭の頭が顔を見せていました。

この杭たちが、お家をしっかり支えてくれる頼りになるヤツなんです。

 

明日からは早速掘削が始まります。

 

19.03.24
DSC0402

北広島市で新築中の建売住宅は基礎工事が進んでいます。

暖かくなったと思ったら急に寒くなったりと、外で作業する職人さんにとっては大変な時期ですが、みんな持ち前の明るさで寒さを物ともせず仕事に専念してくれています。

写真は型枠を組んでいるところです。週明けにコンクリートを流し込み、数日の養生期間に入ります。

19.03.25

基礎のコンクリート打設作業を行いました。

コンクリートミキサー車が運んできた生コンクリートをポンプ車で流し込みます。

 

コンクリートは型枠の中全体に行き渡るよう、バイブレーターで振動させて充填していきます。

 

このバイブレーターの作業も、たくさん振動させれば良いというものでもなく、やりすぎると成分が分離してしまうこともあるため適度な時間におさえています。

 

 

19.04.27
DSC04240

史上最長のゴールデンウィークが始まりましたね。

 

北広島市の建売住宅は大工さんが入りました。連休明けから入る予定でしたが、前の現場が思いの外順調に終わったため前倒しで入ってくれました。

 

現場に顔を出すと、シトシトと小雨が降ってきました。

「今まで晴れてたのに雨も連れて来たな!」

と文句を言いつつ、今日の作業の切りの良いところまで終わらせるためにピッチを上げます。

土台敷き

作業と並行して道具を片付ける大工さん。

本格的な作業は月曜から始まります。THE EIGHT WORKSとしては平成最後の上棟物件となります。

 

材料や道具の養生をし終わり現場を離れる頃、雨が弱くなってきました。

「いやいやほんとに田上さんが現場にいる間だけ降ってたもの(笑)」

「じゃ、もう少し居ようかな?」

「勘弁してください」